住宅ガラスや屋根の修繕に火災保険が適用される場合があります

火災保険の適用範囲は確認しておくことをお勧め致します

火災保険の適用範囲は、確認しておくといざという時に利用できます。

屋根が壊れていた

お仕事で付き合いのあるお客様から伺った話です。

昨年の9月の台風18号が過ぎ去った後、隣家の旦那さんが急いでやってきたそうです。

普段は、あいさつ程度で、親密な付き合いのない隣家の方が慌てた風でやってきたてビックリしたとのことでした。

お客様の家は2階建てで、隣家に向いている一部が平屋になった作りになっていて隣家の2階から屋根がよく見えるそうです。

台風一過の翌朝、隣家の旦那さんが窓を開けてみるとお客様の家の屋根瓦が全体的にずれてしまって落ちそうになっているのを見つけたとのことでした。

晴れの日の朝だったので、自分で屋根を確認すると瓦を固定していたと思われる針金がほとんど切断して、屋根瓦の北側半分が全体的にずれてしまっていたそうです。

屋根修理に火災保険が適用される場合があります。築20年経過した一軒家ですが、今までは費用の関係もあるので、少しのことでは、修繕をしていなかったそうですが、今回だけは観念してなじみのメンテナンス会社へ確認したとのことです。

翌日すぐに業者の方が屋根の調査に。

調査結果は、台風の影響でずれた屋根瓦の箇所は、1箇所だけではなく複数あったということで、修理見積は、約30万円程度!

泣く泣く修理を依頼すると、その週のうちに屋根瓦職人さんが大勢やってきて1日で作業を終わったとのことでした。

屋根修理に火災保険がつかえた

お客様は、メンテナンス会社の担当者に支払いをする際、火災保険に加入しているなら確認してみた方がいいよと言われたそうです。

急な出費の30万円はかなり痛いので、慌てて、保険会社に確認してみるとメンテナンス会社の担当者が言う通り、火災保険から修理費用が支払われるとのことで、すぐに手続き開始。

保険会社の担当者のお話では、加入保険プランの関係で、免責額が設定されていて免責分として10万円は自己負担の必要があるとのお話だったそうです。

もともとあてにしていなかった保険でしたので、出費が少しでも少なくなってよかったと思っていたら、数日して、××特約に加入されているので、免責額はありませんとお電話があり、修

理費用は全額保険会社が保証してくれたそうでした。

1か月もしない間に指定口座へ修理代金の振り込みがあったそうです。

火災保険は火災にしか使えないと思っていました

住宅ガラスの交換に24時間受付で緊急対応致します火災保険は、火災以外にも窓ガラスが台風などで割れてしまった時の修繕や熱割れの修繕も補償範囲となる場合があるようです。

お時間がある時には、保険会社に火災保険での補償範囲を確認したり、ご自宅のガラスの状態も確認することをお勧め致します。

生活当番24受付センターが24時間受付を担当しているマルチ救急24株式会社では、住宅ガラスの修繕や交換にも24時間対応しています。

住宅ガラスの交換が必要な際は、是非、当サービスまでお気軽にお問合せ、ご相談ください。

 

車フロントガラス交換TOP

安くて手軽なフロントガラス交換出張サービスです。
サービスの詳細はフロントガラス交換トップからご参照頂けます。
受付センターも24時間稼働していますので、お客様のご都合の良い時間にお車の車検証をお手元にお電話ください。
お問合せだけでも大歓迎です。