広島県 フロントガラス交換格安出張サービス展開中

国産車フロントガラス交換サービス JIS規格準拠・保安基準適合品質の新品輸入ガラス使用の出張交換 とにかく安く手軽にフロントガラス交換をしたいお客様に最適です。
軽自動車からトラックまで広島県内サービス展開中です。

広島県 安くて安心国産車フロントガラス交換サービス

広島県 フロントガラス交換格安出張サービス展開中 広島県内出張作業可能します。

格安料金と経験豊富な自動車ガラス専門業者による交換作業で安心です。施工後も3年間長期品質保証で安心。
低年式車両や中古車を中心に軽自動車 社用車(商用車)のフロントガラス交換で好評です。車の維持費を抑えるためにとにかく安く手軽にフロントガラス交換をしたいお客様に最適なサービスです。

お問合せや受付も全国24時間対応で実施。夜間や休日でもお時間のある時に車検証をお手元にご連絡ください。受付センター専門オペレーターが車検証記載項目をお伺いし丁寧に対応致します。

電話で問い合わせる
050-2018-0667

広島県内 フロントガラス出張交換サービス施工事例紹介

広島県東広島市 ダイハツムーブ(ムーヴ)施工事例

広島県東広島市 ダイハツムーブ(ムーヴ) 
フロントガラス交換サービス詳細

広島県 2019年フロントガラス出張交換サービス実績

 広島市内を中心にサービス展開中です。2019/8/24 | 広島県尾道市 | 2019/8/17 広島県廿日市市 | 2019/7/30 広島県東広島市 | 2019/7/3 広島県呉市 | 2019/6/22 広島県広島市安佐南区 | 2019/6/4 広島県広島市安芸区 | 2019/5/15 広島県広島市西区 | 2019/5/4 広島県広島市佐伯区 | 2019/4/20 広島県東広島市 | 2019/4/18 広島県福山市 | 2019/4/12 広島県広島市南区 | 2019/3/22 広島県呉市 | 2019/3/7 広島県呉市 | 2019/2/26 広島県広島市東区 | 2019/2/3 広島県広島市安芸区 | 2019/2/2 広島県広島市佐伯区 | 2019/1/21 広島県福山市 | 2019/1/3 広島県呉市 | 

全国メーカー車種別のフロントガラス出張交換サービスは、以下のリンク先をご参考にしてください。

車フロントガラス交換費用
メーカー別 車種別一覧

広島県尾道市 トヨタ ヴェルファイア フロントガラス交換対応事例

出張作業場所広島県尾道市平原 
今回は、スタッフ手配の関係で自動車ガラス専門点への車持ち込みサービスとしての対応となりました。
受付日時8月24日 08時38分
作業日時8月28日(水) 
作業時間120分(8時~10時)
作業内容トヨタ ヴェルファイア型式ANH20 グレード2.4X 排気量2400㏄(2010年9月登録)フロントガラス交換を実施いたしました。
費用トヨタ ヴェルファイアANH20の排気量は2400ccですので、料金表では、排気量3000cc以下62,800円(税抜き)税込みでは67,800円のクラスに該当いたします。
トヨタ ヴェルファイアANH20フロントガラス交換時に、モールを同時に交換する必要があります。
モール代【注1】を加算し合計89,400円(税込み)のご請求となりました。
詳細【注1】トヨタ ヴェルファイアANH20は、フロントガラス交換時に同時に交換が必要な部品(モール)があります。
サイドモール代が
必要となる車種

トヨタ ヴェルファイアANH20交換時に必要となるモールは、フロントモール、ルーフドリップモール左右、フロントパネルクッションの4箇所です。

ご利用いただきましてありがとうございました。

フロントガラス出張交換サービス料金表

国産車フロントガラス交換サービスは全国対応を目指し、全国に向けて順次サービス展開中です。

フロントガラス交換にかかわる基本作業【出張料金、フロントガラス部品代、フロントガラス交換作業料金、使用済部材の廃棄料金】は排気量で区分したわかりやすい料金体系となっています。

フロントガラス交換料金表

※お申し込み時点のサービス対応エリアは、受付センターまでお気軽にお問合せ下さい。
受付センターでは、専門オペレーターが24時間対応しています。
サービスお申し込みの他、ご相談やお問合せのみでも大歓迎で対応致します。

他エリアでのトヨタ ヴェルファイア20系ANH20Wフロントガラス出張交換事例

トヨタ ヴェルファイア20系ANH20フロントガラス出張交換事例

参考情報 自動車ガラスのリサイクルについて

自動車ガラスリサイクルの現状

○ 自動車用のガラスは、フロントガラスの合わせガラス化やリアガラスの熱線など、複合素材として利用されており、リサイクルに当たっては分離や異物除去等の課題を有している。
多くの場合は、ガラス独自で取り外されずASRとなるが、比重が大きいため、ASRの重量中でも一定量を占めている。

ガラスリサイクルの現状

○ 解体の段階で回収したガラスについては、不純物の混入について規定した受け入れ基準に合致した場合のみ、板ガラスの原材料として生産工程に投入することができる。
板ガラス以外の用途としては、ファイバーガラス等のカスケード利用が考えられる。

○ ASRとなった場合には、サーマルリサイクルの施設では溶融スラグ等となって利用される。
ガラス分の溶融には大きな熱量を要するため、ASR中からガラスを削減することは、ASR自体の量の削減につながるだけでなく、リサイクルに要するエネルギーの低減、温室効果ガスの排出削減という副次的効果が考えられる。

課題

○ ガラスリサイクルについては、各団体において調査、実証試験を実施しており、一定の条件下では、板ガラスの材料として利用することは可能であるものの、品質保証、需要規模、収集運搬のコスト等、課題が指摘されている。

出典:環境省ホームページ (https://www.env.go.jp/council/former2013/03haiki/y035-25/mat07-1.pdf)

【ASRとは】

リサイクルシュレッダーダストのことで、使用済み自動車を解体した際にリサイクルされずに残るゴミのことです。
自動車リサイクル法では自動車製造業者・輸入業者にASRのリサイクルが義務付けられたため、自動車ガラスリサイクルの推進事業の実証実験が進んでいます。