ダイハツ ミラ ココア L675S  安心手軽に格安でフロントガラス交換したい

モバイル最適版を表示する

ダイハツ ミラ ココア L675S フロントガラス交換

ミラココア フロントガラスヒビ

フロントガラスのヒビが長くなってしまい運転に不安があるので、修理工場まで持ち込むのが難く出張対応をしてほしい。

フロントガラスのヒビを放置していたら、助手席から運転席に至るまでの長さになってしまった。

飛び石でフロントガラスにはいったヒビは、そのままの長さでとどまることはまずありません。

修理工場への持ち込みが難しくなるぐらいにヒビが延びてしまう前に、フロントガラス交換の出張作業を思い切って申し込んでおきませんか?

格安フロントガラス交換出張サービスダイハツ車はタント、ムーヴ、ハイゼット、ミラココア ミラジーノなどのミラシリーズをはじめとする軽自動車では、60,200円【税込み】の安心のワンプライス料金でサービス提供できます。

岡山県をはじめとして、軽自動車にお乗りの女性の皆様を中心に多くご利用いただいています。

受付窓口は、24時間オープンでいつでも電話がつながります。

車検証をお手元にして、お電話いただくと専門オペレーターが必要な項目とご希望作業日時をお伺いして10分ほどで申し込みできます。

電話で問い合わせる
050-2018-0667

ワンプライス料金の施工項目

  • 基本出張料金
  • フロントガラス交換作業費用
  • 三菱アイミーブフロントガラス部品費用
  • 交換済フロントガラスの廃棄処分料金

※ワンプライス料金とは ひとつのセットサービスに唯一のサービス料金が割り当てられる意味です。

フロントガラス出張交換サービスをもっと詳しくお知りになりたい場合は、下記のリンク先をご参考にしてください。

車フロントガラス交換
出張サービスの詳細

岡山県岡山市中区高屋 ダイハツ ミラ ココア型式L675S フロントガラス交換出張サービス紹介

出張作業場所岡山県岡山市中区高屋 お客様お住いアパート駐車場
受付日時7月12日 15時01分
作業日時7月20日(金) 午前
作業時間120分(10時~12時)
作業内容

ダイハツ ミラ ココア型式L675S 軽自動車フロントガラス出張交換作業
型式指定番号16319 類別区分0009

費用

ダイハツ ミラ ココア型式L675Sフロントガラス交換出張サービスを、税抜き55,800円(税込みで60,200円)のワンプライス料金で実施いたしました。
料金は、当日に現金払いでお支払いいただきました。

詳細

ダイハツ ミラ ココア型式L675Sは、サイドモール等の料金表以外の別途料金は発生しません。

当フロントガラス交換サービスは、ディーラーでメーカー純正フロントガラスに交換する場合に比べ、約1/2~1/3の低料金で、フロントガラスの交換ができます。

低料金でサービスを提供できる理由はどうして?

低料金でサービスを提供できる理由は、当サービスが、新車が使用するメーカー純正ガラスの1/2~1/3の価格帯の新品海外輸入ガラスを使用していることによります。

ディーラーが用意するメーカー純正フロントガラスは、新車と同じ機能をもっていますので高額になります。

フロントガラスの部品代だけで、10万円を超える場合も珍しくありません。

海外輸入ガラスは、品質的に問題はないの?

海外輸入ガラスといっても、使用する製品はJIS規格(JIS R 3212:2015)に準拠した車検(保安基準)に対応する品質を持っていますですので安心してご利用いただけます。

製品品質に自信を持っているため、本サービスをご利用してフロントガラス交換を行った場合、3年間の長期品質保証期間を設けています。

備考

交換日は予約制となっています。

交換用フロントガラスの手配、スタッフスケジュールの調整がとれれば、最短で3営業日程度で予約日が確保できます。

車種別の見積もり費用確認や交換スケジュールのお問合せだけでも大歓迎です。

ご利用頂きましてありがとうございました。

フロントガラス交換出張サービス概要

フロントガラス交換出張サービスは、交換対象となるお車の排気量に応じたワンプライス制を採用しており、料金表は下記の通りとなっています。

排気量フロントガラス交換料金(税別)
軽自動車49,800円
ダイハツ軽自動車55,800円
2000cc以下55,800円
3000cc以下62,800円
4000cc以下65,800円
5000cc以下75,800円
トラック(4000cc超えのトラック)69,800円
大型トラック7000cc以上別途 見積もり致します
グリーンぼかし入りガラス+4,300円で別途手配出来ます。
ブルー・パープルぼかし入りガラス+6,400円で別途手配出来ます。

上記料金には、下記の作業全てが含まれます。

  • 基本出張料金
  • フロントガラス交換作業費用
  • フロントガラス部品費用
  • 交換済フロントガラスの廃棄処分料金

また、降雪地帯での12月~3月までの期間やお客様のご都合によりお車を自動車専門店へ持ち込んでの作業がご都合がよい場合は、お車の持ち込み交換作業にも対応しています。 サービスの詳細は、下記のページにてご確認するか、車検証をご用意の上24時間稼働の受付センターまでお気軽にご確認ください。専門オペレーターが対応致します。

フロントガラス出張交換
サービス詳細はコチラ

電話で問い合わせる
050-2018-0667

※お電話の際は、車検証を準備頂けますと、問合せがスムーズにできます。

走行中のフロントガラスの視界を確保 ウィンドウウォッシャー液のチェックと補充

ウィンドウウォッシャー液の点検は、マイカーユーザーであっても、走行距離や運行状態から判断して適切な時期に実施することとして日常点検の15項目のひとつとして義務付けられています。(道路運送車両法 第47条)

ウィンドウウォッシャー液点検内容

ウィンド・ウォッシャー液の点検は日常点検の一つです。

ウィンドウウォッシャー液量が適当かを点検します。液量が少ない場合は上限まで補給します。

手順は、ウィンドウウォッシャー液リザーバータンクのキャップを開けタンクのメモリに合わせて補充します。メモリが見えない場合は、注ぎ口から液面が見える程度に補充します。

なお、ウィンドウウォッシャー液には撥水効果のある成分を含む製品がありますので、この場合は使い切ってから補充するようにして、使い切る前に補充する場合は同じ製品を補充するようにしましょう。

国土交通省が推進する自動車点検整備

 

自動車は日々の生活と社会・経済活動に欠くことのできないものです。しかし、交通事故や環境問題は依然として大きな社会問題になっており、安全で環境負荷の小さい車社会の確立が求められています。

 自動車は数多くの様々な部品で構成された機械であるため、使用に伴い、また時間の経過によって劣化・摩耗が進み、その構造や装置の性能が低下します。

 点検整備を行わないと、走行中に故障したり、排出ガスの増加、燃料の浪費等を招きかねません。さらには整備不良が原因となる事故を引き起こす可能性が高まり、大変危険です。不要なトラブルを防ぎ、自動車を常に良好な状態で使用するためには、ユーザーの皆さんが責任を持って常日頃から自動車の状態を把握し、適切に維持することが重要です。

 点検整備の実施はユーザーの義務として法令でも規定されています。きちんと点検整備を行い、自動車を良好な状態に保ちましょう。
出典:国土交通省ホームページ (http://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha/tenkenseibi/tenken/t1/t1-1/)