はじめて 車フロントガラスを交換する人必見!フロントガラス徹底解説

06/18/2020

はじめて 車フロントガラスを交換する人必見!フロントガラス徹底解説

はじめて 車フロントガラスを交換する人必見!フロントガラス徹底解説

車を走行中に前を走っている車が跳ね上げた飛び石などによってフロントガラスが傷ついてしまうことがあります。

傷をそのままにして運転するのは危険であるため、修理もしくはフロントガラスの交換を行わなければなりません。

この記事では、フロントガラスの構造や交換を行わなければならない状態の見極め方、交換をするときの業者の選び方など、フロントガラスについてさまざまな方向から徹底解説します。

車のフロントガラスのしくみ

車のフロントガラスは車の前側にあるガラスのことで、もともとの目的は風を防ぐことでした。

1987年の法改正以前のフロントガラスには強化ガラスが用いられていました。

しかし、強化ガラスの場合はガラスに傷ができたり割れたりしたときに破片が飛び散る恐れがあり、歩行者やドライバーのけがにつながる危険性が大きかったのです。

そこで、ドライバーや歩行者の安全面を考慮した結果、日本では1987年保安基準(車検時の内容)改正時に2枚のガラスの間に樹脂膜(中間膜)が挟まれた合わせガラスを用いることが義務付けられました。

強化ガラスの割れ方

車フロントガラスが合わせガラスを使用するメリット

合わせガラスを用いることによって、さまざまなメリットがあります。

安全面からのメリット

1つ目は安全面のメリットです。

ガラスに傷ができたり破損したりしてもガラスの破片は樹脂膜(中間膜)につながった状態になり、飛び散りが起こりにくくなります。

その結果、運転時に小石などが飛んできてガラスが破損したとしても視界が妨げられにくく事故につながりにくくなります。

また、衝突事故が起こったときにドライバーの身体の衝撃を吸収したり、ドライバー自身が車の外に投げ出されるのを防ぐこともできるようになりました。

合わせガラスのヒビ

快適性からのメリット

2つ目のメリットは、紫外線をカットできることです。

フロントガラス樹脂膜(中間膜)の紫外線カット率は約99%とされており、ドライバーにとって嬉しい機能だといえるでしょう。

断熱性からのメリット

3つ目のメリットは、断熱性能の向上です。

車には直射日光が照りつけるため、車内の温度が高くなることが少なくありません。

断熱性能が上がることで車内が暑くなりすぎるのを防ぎ、エアコンの効きを良くし、快適なドライブを行うことができます。

フロントガラスその他の機能

フロントガラスにはさまざまな機能が搭載されているのです。

ガラスのやや上のほうにはルームミラーを取り付ける台座であるミラーベースが取り付けられています。

以前のルームミラーは車内の天井に取り付けられていましたが、フロントガラスに取り付けるタイプが一般的になりました。

さらに、ガラスの上部の薄いブルーやグリーンの帯状になっている部分は、前面から受ける日差しを和らげてドライバーが運転しやすくなるように設けられています。

なお、この部分はシェード、ハーフシェード、ぼかし、ハチマキなどと呼ばれています。

シェード部(別名 ぼかし ハチマキ)

この他、フロントガラスの車内側にある黒セラミックの縁取りは、フロントガラスを車本体に接着する接着剤が外から見えないようにする働きと接着剤を紫外線から守る働きがあります。

メーカー車種によるフロントガラス機能の違い

上記の機能は基本的にほとんどの車のフロントガラスに搭載されています。

この他に一部の車種にのみ搭載された機能もあります。

まず、特殊な中間膜を使ったガラス(遮音ガラス)を使用することで通常よりも遮音性能を高めたタイプの車があります。

外の音が聞こえにくい構造になっているため、快適なドライブが可能です。

HUDヘッドアップディスプレイ

一部の高級車のみに搭載されている機能にHUDという機能があります。

HUDとは、わかりやすく解説すればフロントガラスに速度表示がなされる機能のことで、運転中に視線をずらして速度計をチェックする必要がなくなるため、わき見運転を減らせることがメリットです。

フロントガラスを安く交換するには?

フロントガラスが傷ついてしまい、はじめて交換することになった人は、費用がどれくらいかかるのか見当もつかないことでしょう。

フロントガラスの交換にかかる費用はフロントガラス部品代と工賃の合計になります。(モール代や接着剤などの消耗品の料金が含まれる場合もあります。)

工賃とは交換作業をする人の人件費や技術料のことです。

フロントガラス交換はどこで行う?

フロントガラスの交換が依頼できるのはディーラーもしくは自動車ガラス専門店が中心で、出張交換サービスを行っている事業者もあります。

【ご参考】
当サイトのフロントガラス出張交換サービス詳細

ディーラーでのフロントガラス交換の特徴

ディーラーに交換依頼をした場合はメーカー純正品のガラスを使用することになるため、新車と同様の仕上がりになるのが特徴です。

ただし、交換作業の受付はディーラーでも、ディーラーではガラス交換作業の技術がないため、提携する自動車ガラス専門店に修理に出すことになります。

そのため中間マージンが発生し割高になる上、交換部品にもメーカー純正品のガラスを使用するため、ディーラーの見積もりは高くなります。

フロントガラ交換費用(ディーラーと自動車ガラス専門店の料金の違い)

また、交換にかかる時間もディーラーに車を持ち込んで交換に出した場合は即日対応で行うのは難しく、最短でも1日は見ておいたほうがよいでしょう。

自動車ガラス専門店でのフロントガラス交換の特徴

一方、自動車ガラス専門店は、提携ディーラー店からの依頼を中心に作業するため、個人客に対する接客を考えていない店舗が大半です。

そのため個人が車を直接持ち込んで交換依頼する場合、ハードルが高くなることは否めません。

フロントガラスの交換代は前述したようにガラス代と工賃の合算になるため、交換費用を少しでも安くしたいなら安いガラスを用いればよいわけです。

フロントガラスはメーカー純正品の他に社外品(国産品)と社外品(輸入品)や中古品などさまざまなラインナップがあります。

このうち中古品は、交換部品が入手できない車種(旧年式車種)に使う場合がほとんどです。

そのため、安く交換するための交換部品には、社外品(国産品)や社外品(輸入品)を使用し代金を抑えることになります。

交換にかかる作業時間も予約日の4~5時間ほど完了するので、ディーラーに出すよりも早く仕上がります。

フロントガラス交換を依頼する際には事前に費用見積もりをとろう

フロントガラスを安く交換する方法としてお勧めなのは、複数の業者に見積もりを依頼することです。

フロントガラスの交換代金や修理実績を明確に表示しているホームページは、あまり多くありません。

【ご参考】

当サイトでは、全国でのフロントガラス交換施工実績を工賃を含めた必要総額費用を含めて下記リンク先に提示しています。

フロント ガラス交換
工賃を含む 必要総額費用

その理由は、どのガラスを用いるのか、また車種 型式 年式によって料金が大幅に異なり一概に言えないからです。

また、ガラス代、工賃、付帯するサービス内容(フィルムアンテナの張替えや車検シールや点検シールの張替えなど)は業者によってばらつきがあるのも理由のひとつとなっています。

そのため、フロントガラスの破損具合やお仕事の忙しさにもよりますが、費用を安く抑えたい場合は複数業者で見積もりをとり、サービス内容を比較検討して選びましょう。

はじめてフロントガラスに傷やヒビが入って修理や交換を考えている方へ

車のフロントガラスに傷ができたとき、傷の大きさや場所によってはフロントガラスの交換を行わなければなりません。

(傷の大きさが500円硬貨で隠れない程の大きさになっている場合や深さが中間膜に達している場合、傷の中に雨水や汚れが入ってしまった場合、傷がフロントガラス端から10cm以内の周縁部にある場合は、傷の修復作業は出来ずフロントガラスの交換が必要です。)

フロントガラスの交換はディーラーまたは自動車ガラス専門店、出張交換サービスを利用できますが、業者や車種によって価格にばらつきがあります。

フロントガラスを安く交換したい場合は、できるだけ複数業者から見積もりを取って価格やサービス内容を比較検討することがお勧めです。