福島県 自動車 バイク バッテリー上がり救援24時間対応ロードサービス

12/06/2019

突然の自動車 バイクバッテリー上がりに注意

バッテリー上がりに注意

バッテリーに負担がかかっていませんか?忙しい毎日を過ごしていると、自動車やバイクのちょっとした不具合も見逃してしまいがちになりますね。

これは、忙しさのあまり無意識にトラブルにつながる都合の悪い情報を無視してしまい、「自分だけは大丈夫」と考えてしまっているためです。
しかし、このトラブルの前兆を無視してしまうとトラブルは突然やってきます。

車や バイクのエンジンのかかりが悪くても、ヘッドライトが暗くて見づらくなってもスケジュールをこなすことが優先で点検に出すのを後回しにしていませんか?

この状態のまま運転を続けると近いうちに突然のバッテリー上がりで、エンジンがかからず急ぎの予定に大きなダメージを与えてしまうことになります。

  • 自宅で朝の出発時にバッテリー上がりでセルモーターが回らずエンジンがかからない。 
  • コンビニで買い物を終えたときやパチンコ店で楽しんだ後に帰宅しようとしたらエンジンがかからない。
  • 路上でハザードランプを点滅させておいたらバッテリーが上がっていた。

これらは、よく連絡を頂くバッテリー上がりのパターンです。

バッテリー上がり救援はお早めにご連絡ください。前兆があったにもかかわらず、自分だけは大丈夫と思って対応を怠っていたのが原因なので仕方ないことですね。

こんな時 頼みになるのがロードサービス バッテリー上がり時のジャンピング救援サービスです。

バッテリー上がりでは、押し掛けなど危険を避けて早めにロードサービスへの連絡を考えましょう。

過放電によるバッテリー上がりでエンジンがかからない場合は、救護車やバッテリースターターをブースターケーブルでつなぎ電力を供給することで、10分程度の作業でエンジンスタートすることができます。

突然のバッテリー上がりで動かなくなった場合は、なるだけ早い救援連絡がお勧めです。

福島県 バッテリー上がり救援に24時間緊急ジャンピング対応

福島県内で突然のバッテリー上がりでお困りなら、24時間 深夜 早朝でも対応可能な受付センターまで、お気軽にご相談 お問合せ下さい。

電話で問い合わせる
050-2018-0667

お客様に一番早く到着できるロードサービススタッフを緊急手配いたします。

サービススタッフは到着後約10分程度の作業で、ジャンプスタートを完了しエンジン始動まで行います。

エンジン始動後のバッテリー充電は、30分以上の走行で車のオルタネーターによりお客様で行っていただきます。

ジャンピングでエンジンがスタートできなかったら

バッテリーが内部セル内の極板ショートにより破損していたり、バッテリーが破裂した状態の場合、ジャンピングでもトラブル解消ができない場合があります。

このような場合は、お客様のご依頼があれば、レッカー車再手配によりバッテリー交換のため整備工場へレッカー移動もできます。また、現場で緊急にバッテリー入手(*1)ができる場合には、バッテリー交換にも対応します。

(*1)交換対象のバッテリーは車種により異なり多岐に渡りますので、多くの場合は別途作業となります。

お困りの際は、24時間対応の受付センターまでご相談 お問合せ下さい。

電話で問い合わせる
050-2018-0667

福島県内バッテリー上がり救援ジャンピングサービス対応実績

福島県バッテリー上がり深夜早朝24時間対応福島市 郡山市 いわき市 会津若松市を中心に県内全域でバッテリー上がり救援の24時間緊急出張対応を行っています。

福島県内 出張救援実績

郡山市 いわき市 福島市 須賀川市をはじめ福島県内に多数の出動実績がございます。

最近のカーバッテリーは、内部の極板枚数を増加したりサルフレーションが進行しづらい電極素材(活物質)を使用することで高性能化が進んでいます。
高性能であるがゆえにバッテリー上がりの前兆現象も少なく突然バッテリー上がりになることも多く報告されています。夏場はエアコン多用によるバッテリーへの負荷が増える季節です。

エアコンコンプレッサーはエンジン動力をベルトで受けてエアコンガスを圧縮しますが冷却ファンはバッテリーを電源としていますので、風量の差がバッテリー消費に影響しますので気をつけましょう。

また、冬場は低温により充放電の化学反応が行われにくくなりバッテリー出力が低下します。
お仕事で福島県外の温暖な県から引っ越しされた方は、バッテリー性能ランクが高い寒冷地仕様の製品に交換しておくなど対策することをお勧めいたします。

 

福島県バッテリー上がり救援サービス内容

到着後ポータブルジャンプスターターを接続し、電力を供給することでエンジン始動まで行います。
トラック搭載の24Vバッテリー(12V×2)ジャンピングにも対応致します。【*1】

【*1】大型トラックやトレーラーの場合(5t車~14t車 いすゞギガ・14t車(JIS性能ランク115バッテリー搭載)など)で、エンジン始動に大容量の電力を必要とする場合は、装備の関係上対応できない場合があります。
車種が該当する場合は、お申込み時に受付センターまで対応の可否をお気軽にご確認くだい ご相談下さい。

電話で問い合わせる
050-2018-0667

ロードサービス料金

自動車 バイク バッテリー上がり対応料金 概算費用

以下は、日中トラブル時のロードサービス対応料金となります。夜間対応や深夜・早朝対応の場合は割増料金が発生します。

夜間料金割り増し【19:01-23:59 +2,000円】 深夜料金割り増し【0:00-8:59 +4,000円】

以下の表は、目安としての標準作業料金となります。実際には、現地のトラブル状況や場所によって必要な費用は変動致します。(有料道路利用の際は実費請求となります。)

受付センターへサービスお申込みの際に、トラブル状況をご連絡頂きますと、トラブル状況に応じたお見積り料金をお伝えいたします。

お見積り料金のご確認やサービス対応時間のお問合せやご相談だけでも大歓迎です。

ご不明な場合は、受付センター専門オペレーターまでお気軽にお問合せ下さい。

トラブル内容料金
自動車バッテリー上り8,640円~16,200円位
バイクバッテリー上り8,640円~16,200円位
車・バイクのバッテリー交換10,800円~16,200円 +部品代別途
※バッテリー出張交換に関しては、交換部品の手配の関係がありますので、対応の可否を受付センターへ事前にご相談ください。
※バイクのカウル・メットイン等脱着を必要とする場合は作業料金が別途掛かります。

外車や大型トラックのバッテリー上がり、バッテリー出張交換に関して

フォルクスワーゲン・アウディ・ポルシェカイエンなどの欧州車のバッテリー上がり救援にも対応致します。
欧州車に関しましては、バッテリーの装着位置がシート下やトランク内にありアクセスしづらくなっていたり専用工具を使用する必要があり通常より作業時間を要します。

大型トラック・トレーラーバッテリー上がり救援

トラブル内容料金
大型トラックバッテリー上りジャンピング作業
3t・4t車(24V)
12,000円~18,000円位
大型トラックバッテリー上がりジャンピング作業
5t車以上(24V)
18,000円~2,5000円位
大型トラックバッテリー交換
3t・4t車(24V)
28,000円~35,000円位
大型トラックバッテリー交換
5t車以上(24V)
35,000円~50,000円位

福島県内での大型トラックやトレーラーのバッテリー上がり救援に関しましては、以下のリンク先をご参照ください。

大型トラック トレーラー
バッテリー上がり救援詳細

福島県バッテリー上がり 参考情報

福島県を含め全国的にバッテリー上がり救援のご連絡を頂く中で、多い原因はバッテリーを長期間(4年間以上)交換しないまま使用した状態に加え以下のうっかりミスが重なった場合になります。

  • 自宅車庫でルームライトを消し忘れていたら、エンジンがかからなくなった
  • コンビニなどで少しの買い物の間、エンジンを切りACC状態のまま、エアコンやオーディオを使用したままにしていたらバッテリーが上がった。
  • エンジンを切った状態でUSBカーチャージャーでスマホを充電したままにしていた。
  • 夜間の駐車中にヘッドライトを消し忘れていた。

バッテリーが消耗した状態ですと、わずかなうっかりミスや外気温の低下でバッテリー上がり状態となることが多くあります。

電話で問い合わせる
050-2018-0667

バッテリー上がり救援
全国24時間対応

レッカー移動
全国24時間出動