マツダプレマシーCWEFW 20CSフロントガラス交換サービス

モバイル最適版を表示する

マツダ プレマシーCWEFW 20CSフロントガラス出張交換サービス

2018年に販売終了となりながらも、中古車として人気の高いマツダ プレマシーCW系のフロントガラス交換出張サービスのご紹介です。

当フロントガラス交換サービスは、北海道や東北など降雪地帯においては、12月から3月の冬季間は気温や湿度などの天候による作業品質への影響を避けるため業務提携する自動車専門店への持ち込み交換サービスとさせて頂いています。

天候が安定しているエリアでは冬でもフロントガラス交換サービスができます。逆に天候の安定している東京や神奈川、千葉、埼玉などの関東地方・福岡 熊本などの九州地方・大阪、兵庫、岡山、広島を中心とする近畿や瀬戸内地方、愛知や岐阜 静岡などの東海地方では、冬季でも通常通りの出張交換サービスです。

今回、愛知県高浜市のお客様よりお申し込みを頂きましたマツダ プレマシー20CSフロントガラス交換は、通常通り出張交換として対応をさせて頂きました。
お客様がお申し込みをされる地域で、冬季の出張交換サービスができるかご不明な場合は、24時間稼働の受付センター専門オペレーターまでお問合せ下さい。

受付センタースタッフ 24時間受付サービスでのご不明な点のご説明や費用見積もりの案内、ご予約の受付も24時間対応で行っております。お問合せだけでも大歓迎です。
そのままお申し込み手続きに進む場合でもおよそ10分ほどで申し込みは完了します。
(車検証をご準備の上お電話頂きますとスムーズにお答えできますのでお気軽にご相談、お問合せ下さい。)

当サービスのフロントガラス交換サービス費用は、排気量を基準とした明朗料金となっています。
マツダプレマシーCWEFWは、排気量が2000ccですので料金表の2000ccまでに該当致します。

料金表表示価格(税抜き)は、マツダプレマシーフロントガラス出張交換サービスにかかわる以下の作業項目を含むセット料金を表示しています。

  • 基本出張料金
  • フロントガラス交換作業費用
  • マツダプレマシーCWEFW フロントガラス部品費用
  • 交換済フロントガラスの廃棄処分料金

【同時交換部品のご案内】
フロントガラス交換作業の施工上、サイドモールやガーニッシュなどフロントガラスと同時に交換が必要な部品をもつ車種の場合、交換部品の実費が必要となります。

マツダプレマシーCWEFWは、同時に交換が必要な部品はありませんので、料金表記載の料金のみとなります。

【自動ブレーキ対応のご案内】
最近、政府が推進する先進安全自動車(ASV)対応として、各メーカーより自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)機能を装備するために、カメラやレーダーを搭載した車が発売されいます。その場合は、自動ブレーキ対応フロントガラスとして割増料金が必要となります。

マツダも自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)の標準装備を進めていましたが、今回お申し込みのありましたマツダプレマシーは、装備されないまま販売終了となっていますので、別途割増料金は必要ありません。

自動ブレーキ対応の詳細は、下記リンク先でご参照いただけます。
ブレーキサポート機能対応
フロントガラスの供給

愛知県高浜市 マツダプレマシー型式CWEFW フロントガラス交換出張作業事例

出張作業場所愛知県高浜市論地町 製造会社本社工場 駐車場
受付日時

1月10日 20時39分

作業日時

1月26日(火) 午前

作業時間10時~12時00分(作業時間予定は、120分を頂いています。)
作業内容

マツダプレマシー型式CWEFW 排気量2000cc フロントガラス交換作業

費用

マツダプレマシー型式CWEFW フロントガラス交換出張サービスを、税抜き55,800円(8%税込みで60,200円)のワンプライス価格で実施いたしました。

料金は、当日に現金払いでお支払いいただきました。

詳細

マツダ プレマシーCWEFW 20CSのフロントガラス交換作業には、サイドモール等の同時交換部品の必要はありませんので別途料金は不要です。

サービスには、メーカー純正フロントガラスに比べ、約1/2~1/3の価格の新品海外輸入ガラス(JIS規格R 3211:2015準拠で車検対応)を使用します。
格安費用でも長期品質保証で安心してご利用頂けます。

備考

新品海外輸入ガラスでも製品品質は、JIS規格準拠、車検対応(保安基準適合)で確保されています。
加えて、サービス提供後の3年間の長期品質保証と1年間の特別保証(サービスお申し込み後、1年間は、飛来物の衝突など品質以外の理由でフロントガラスが割れた場合でも半額で交換ができる保証サービス)で連続するトラブルにも万全です。

同じ運転者がフロントガラス飛び石被害に、連続して遭遇してしまうケースが結構あります。不運と言えばそれまでですが、走行ルートも含めて、車間距離やスピードなど運転者の習慣が影響している可能性があります。

フロントガラス飛び石被害に遭った場合は、一つの警告として受け止め安全運転に取り組みましょう。

ご利用頂きましてありがとうございました。

フロントガラス交換出張サービス概要

フロントガラス交換出張サービスは、交換対象となるお車の排気量に応じたワンプライス制を採用しており、料金表は下記の通りとなっています。

ご依頼予定のお車のサービス費用は、お車の排気量に該当する欄に記載されている金額です。

排気量フロントガラス交換料金(税別)
軽自動車49,800円
ダイハツ軽自動車55,800円
2000cc以下55,800円
3000cc以下62,800円
4000cc以下65,800円
5000cc以下75,800円
トラック(4000cc超えのトラック)69,800円
大型トラック7000cc以上別途 見積もり致します
グリーンぼかし入りガラス+4,300円で別途手配出来ます。
ブルー・パープルぼかし入りガラス+6,400円で別途手配出来ます。

上記料金表の料金には、下記の作業全てが含まれます。

  • 基本出張料金
  • フロントガラス交換作業費用
  • フロントガラス部品費用
  • 交換済フロントガラスの廃棄処分料金

上記説明で不足を感じる点やご不明な点がありましたら、下記リンク先ページでご確認いただくか、受付センター専門オペレーターまでお気軽にお問い合わせください。

※お問合せの際は、車検証を準備頂けますと、スムーズに対応できます。

フロントガラス出張交換
サービス詳細

電話で問い合わせる
050-2018-0667

降雪地帯の冬場におけるフロントガラス交換出張サービス

フロントガラス取り付けに施工品質を重視しています。ゴムモールによるはめ込み式のトラックやバスなどを除き、車のフロントガラスは、車体に専用の接着剤で接着します。
そのためフロントガラスの接着状態が、施工品質に大きく影響します。

夏場で気温が高い場合は、接着剤の乾燥が早く問題はありませんが、降雪地帯における冬場の低温時では、出張現場での乾燥に時間がかかります。
そのため環境が安定している自動車ガラス専門店修理工場へお持ち込み頂き交換後のフロントガラスの接着剤を時間をかけて乾燥させています。