自動車のバッテリー等の誤った取り付けによる火災

モバイル最適版を表示する

車もかんたんに燃えるんですね

自動車火災の連絡国土交通省は2011年6月14日に「自動車のバッテリー等の誤った取り付けによる火災にご注意!」の件名で報道発表を行いユーザーに対して注意喚起を促しています。

その後、2015年年末に東京都と長崎で立て続けにバッテリー付近からの出火事故がニュースになりました。

車ってひとりでに燃えることがあるんですね。

注意喚起以降の出火事故はどうなっているんでしょうか?

気になったので、バッテリー付近からの出火状況を調べてみました。

ちなみに、この発表での具体的なユーザーへの注意内容は下のようになってます。

バッテリー交換や電装品の後付け方法は一度点検してみて損はないですよね。

<ユーザー等への注意事項>

  • バッテリー固定金具やバッテリー端子取付け用ナットは工具を使ってしっかりと締め付けて固定すること。
  • 端子位置が逆、あるいは固定出来ないようなサイズのバッテリーを使用することの無いように、車両にあった型式のバッテリーを選定すること。
  • サイズの合わないヘッドランプバルブを使用しないこと。
  • 後付け電装品の配線には適切なヒューズを取り付け、車体の縁端部や他の電装品と接触するような配線とならないように注意すること。

出典:国土交通省ホームページ
(http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_000838.html)

バッテリー交換及び後付け電装品取付 作業時の注意事項

バッテリー交換時の注意事項
出典:国土交通省ホームページ
(http://www.mlit.go.jp/common/000147018.pdf)

後付け電装品取りつけ時の注意
出典:国土交通省ホームページ
(http://www.mlit.go.jp/common/000147018.pdf)

バッテリーが発生原因の火災

バッテリー不具合以下は、「自動車のバッテリー等の誤った取り付けによる火災にご注意!」の注意喚起がなされた以降の「自動車の不具合による事故・火災情報の調査」(国土交通省) (http://www.mlit.go.jp/jidosha/carinf/rcl/cgi-bin/list.cgi)2013年分を加工して作成しました。
加工は、2013年の自動車の不具合による事故・火災情報より、バッテリーに関連し原因が特定あるいは推定された情報のみを抽出して記載することを条件としています。

  • スバルサンバー バッテリープラスケーブルのターミナル部とバッテリー固定金具のホルダーが干渉してショート。バッテリーを交換した際の固定金具組付け不良に起因。
  • 三菱パジェロ 整備作業時にバッテリーからスターターへの電源ケーブルを取り付け忘れ。
  • スバルサンバー バッテリープラスケーブルのターミナルに固定金具のホルダーが干渉してショート。
  • トヨタウィンダム バッテリーの取付け不良により、バッテリーが動き、バッテリープラス端子が固定金具に接触。
  • スズキアルト 整備時にバッテリー本体が固定されていなかった。
  • いすゞエルフ 後付けの冷凍機用電源配線が短絡。
  • ニッサングロリア バッテリーターミナルに直接配策されていた社外品アースケーブル、後付けの社外品電源ボックス、社外品HIDヘッドランプ用リレーが何らかの異常で発火。
  • ホンダVFR800P バッテリー交換時に後付無線機のプラス線をバッテリーマイナス端子とバッテリーカバーの間に挟み込ませたことで電源線がショートし、電源線がバッテリー端子からヒューズの入っていない状態で直接取られていたため、発熱、発火。
  • 日野プロフィア 後付された追加ハーネスの電源線がショート・断線。
  • いすゞギガ 約1ヶ月前にバッテリー交換を実施しているので、この時にナットを確実に締付けなかった。
  • トヨタラクティス バッテリープラスターミナルに後付けされた低音用スピーカーユニットの電源線にショート痕。
  • フォードフリーダ XL-TスターターB端子(バッテリー側)ショートによりケーブルが加熱され火災
  • ニッサンフーガ バッテリーの端子に直接接続されていた社外品のヘッドライトロービーム用HIDキット、並びに社外品フォグランプ用HIDキットの電源ハーネスの配策不良。
  • トヨタノア バッテリーに後付けされた電源配線が左フロントドアヒンジに溶着。
  • 三菱ふそう 電気的オーバストレスによりTRがショート、内部CPUとICにオーバーストレスが印加され、CPU内部でショート
  • トヨタノア 過去の何らかの整備により配線の取回し不良となり、配線がダメージを受け、ボデーと短絡したことが原因と推定した。
  • フォルクスワーゲンポロ バッテリー電圧低下時のクランキング(クランクシャフトを回すこと)によりマグネットスイッチ接点がチャタリング(微細振動によりオン・オフを繰り返す)を起こし、接点が荒れ、バッテリー電圧復帰後のクランキングで接点が焼付いた
  • トヨタハイラックスサーフ 事故によりラジエータアッパサポートが変形し、バッテリーケーブルがショートした
  • メルセデス・ベンツSL500 バッテリーコントロールユニット内部のプリント基板が何らかの外的要因(異物、水分、半田の劣化あるいは腐食等)により電気的異常が発生し出火
  • トヨタbB 後付けディスチャージ(放電式)ヘッドランプ用の配線にショート痕。後付け配線の不具合
  • 三菱ふそうキャンター リコール(平成21年5月15日 リコール届出(国-2308))の未実施に起因の不具合
  • トヨタパッソ バッテリークランプのJボルトに溶融痕。バッテリー交換時の取付不良。
  • ホンダアクティ フロンガスが不足した状態で使用されたことによりコンプレッサが焼付きクラッチ滑りを発生させVベルトより発熱、発火。改善対策(平成10年7月9日 改善対策 K126)が未実施。
  • マツダボンゴ イグニッションキー操作時にキーがスタート位置でスタックした(ON位置に戻らなかった)ために、スターター回路が連続通電状態となって、スターターのオーバーランが発生すると共にスタータハーネスへ過電流が流れて異常発熱に至り、当該ハーネスが焼損
  • スズキスイフト 車両以外の可燃物(ござ)が高温の排気系部品に付着したことで発火、延焼
  • いすゞフォワード 直近でスターター及びスターターリレーを交換していた。なお、バッテリーケーブル及び固定クリップには保護材が付いており、この保護材が正常に付いていれば被覆が擦れることは考え難いことから、スターター交換時に正常に取り付けられなかった。
  • スズキワゴンR プラス側バッテリー端子の取付け不良により、バッテリーポストとバッテリー端子の接触が不完全な状態となり、エンジン及び走行中の振動が加わった事で発生したスパークによって、プラス側バッテリーポスト・バッテリ端子が高温となり、端子カバーなどに引火、延焼した。
  • 日野プロフィア 後付けセキュリティーワイヤの取付け不良に起因した不具合
  • トヨタカルディナ 過去にバッテリーの交換歴があり、バッテリー取付けボルトが正規より首下の長いボルトが使用されていた。バッテリー交換時の取付けボルトの誤品使用。
  • 三菱ふそうファイター テールパイプに外的要因と推定される穴が空いており、排気ガスがサイドバンパーに跳ね返り、道具箱の可燃物を炭化させ着火し不具合に至る。
  • スズキワゴンR 社外品のインバータハーネスの取付け不良により、ボディ等と接触したことでショートし、発火、延焼。
  • スズキワゴンR ハーネスが取付けられており、バッテリーバンドが取付けられていなかった。
  • 三菱ふそう DPF自動再生(3速で低速走行)でタオル様の可燃物が高温になり着火、燃え上がった炎がバッテリー上部にある工具箱の底板から回り込みバッテリーカバー上部に掛かり、カバー上部に有った可燃物等に着火、又は直接カバーを燃焼。
  • ホンダPCX(原付) 社外用品のリモコンスターター機能付きセキュリティーシステムからバッテリーへ接続されているハーネスに焼損及び配線の発熱による被覆溶損が確認
  • トヨタハイエース バッテリーから室内側に配索された後付けスピーカアンプ用の電源線がリヤシートのロック部に挟まれており、ショート痕が確認
  • トヨタダイナ バッテリーホールドクランプのナット締め付けが浅くクランプが外れており、バッテリープラスB端子部とバッテリートレー部にショート痕。バッテリー交換時の取付け不良。
  • ダイハツミラ バッテリーに後付けされたと思われる電装部品の配線のみが残存しており、当該部付近の焼損が激しいことから、後付け部品に起因
  • トヨタハイラックスサーフ 後付けのバックライト用配線の断線およびショート痕
  • マッセイ・ファーガソンMF6465-4 バッテリーからヒューズボックスに繋がるプラスコードの固定ボルトが約10年の間に緩みショート。(整備不良)
  • 三菱トッポBJ オイル交換を実施しており、その際にエキゾーストマニホールド付近に置き忘れたウエスが過熱し、発煙後に発火。
  • いすゞギガ 後付電線が異常発熱しバッテリカバーに引火
  • アルファロメオブレラ バッテリー交換時のバッテリー配線の取り回不良(不始末)が原因
  • 三菱ふそう フレームより取り出しているハーネスとUボルトが干渉し、振動等で接触したことによりスパークが発生
  • 三菱ふそうキャンター 保冷車で床板部分よりフレーム面に多量の塩水が付着していた事から、車両使用過程でのイコライザ塩水被水により腐食が発生、不具合に至る。
  • いすゞエルフ 後付けされたバッテリーケーブルの配索が後方へ移設され、当該部のクリップが固定されていなかったことから、No.3クロスメンバーと干渉し、ショートしたことが原因で火災が発生
  • ダイハツテリオスキッド バッテリハーネスが正規固定位置ではない状態であったことから、バッテリーハーネスとステアリングシャフトが干渉してショートしたため出火
  • フォルクスワーゲンポロ バッテリーターミナルの取り付け不良によるトラッキング現象(両極間で火花放電が繰り返され、絶縁状態が悪くなる現象)が発生し出火
  • マツダタイタン エアヒータが異常過熱し、エアダクト等の周辺部品が焼損し、出火。平成14年12月5日 リコール届出(国-899)未実施の影響。
  • ホンダオデッセイ 社外品100Vインバーターとバッテリープラス端子に接続している配線から焼損している。フロントピラーインナーロア貫通孔のインバータ用配線保護が不適切だったため、配線が短絡して発熱して発火。
  • 日野デュトロ ハイブリッド用のバッテリーの異常発熱。低電圧状態に陥ったことにより、運転席のメーターパネル内の警報ランプが3日前より頻繁に点灯していたのに気付かず、そのまま継続して走行を続けたため、バッテリーが液枯れし、異常発熱、焼損。
  • ニッサンプレジデント バッテリーサポートブラケットがバッテリ+端子と干渉してショートし、発熱によりバッテリーケース、又は、バッテリーハーネス被覆が出火。
  • ニッサンノート バッテリーステーの取付不良により、走行中の振動等で外れて、バッテリー+端子とショートし、発熱、出火。

 以上 出典:「自動車の不具合による事故・火災情報の調査」(国土交通省) (http://www.mlit.go.jp/jidosha/carinf/rcl/cgi-bin/list.cgi)を加工して作成。

自動車の不具合による事故・火災情報発生件数の推移

1年間にわたってデータ収集された2013年~2017年にかけての自動車の不具合による事故・火災情報発生の発生件数を掲載しています。
発生件数だけ見ると、注意喚起後の件数に少しの減少は見られますが、目立った減少は確認されていません。

2013年の結果だけ見ても、

  • バッテリー交換後の本体固定不足や端子固定ミス。
  • 後付け装置のケーブルの取り回し不良によるショート。
  • リコールの未適用。
  • 整備点検の未実施。

など車運転者の日常の注意で回避できる不具合も見受けられます。

自分の安全は自分を守るを念頭にバッテリー交換時や後付け部品装着時は、慎重に行うようにしたいですね。

調査年発生件数(Total 7797件)
2013年1491件
2014年1465件
2015年1325件
2016年1346件
2017年1342件

「自動車の不具合による事故・火災情報の調査」(国土交通省) (http://www.mlit.go.jp/jidosha/carinf/rcl/cgi-bin/list.cgi)を加工して作成。
自動車の不具合による事故・火災情報発生件数の推移