知っておきたいトイレのつまりの原因と解消法!自分でできる方法と業者選びのポイントお教えします

モバイル最適版を表示する

突然起こるトイレのつまりは、水回りのトラブルの中でも特に緊急の対応を要するものです。

トイレつまりはあわてずに対応

長く放っておくとトイレを使えなくなりますし、便器から水があふれてしまう場合は水を止める作業に掃除にと大慌てで処理に追われてしまいます。

だからこそ万が一に備えておくことが大切です。

そこで、ここではトイレがつまる原因と、いざというときにできる対処法について詳しく解説します。

つまりはどうして起こるの?

トイレをつまらせてしまう要因となるものといえば、水に溶けない異物を思い浮かべる人が少なくないでしょう。

スマホや小さな子どものおもちゃ、生理用品などです。

何らかの原因で異物を落下させてしまうと、水が流れにくくなり、つまらせることになります。

トイレットペーパーもつまりの原因

また、意外なことに、流しても良いはずのトイレットペーパーがつまることも少なくありません。

一度に使うペーパーの量が多すぎると、水に溶ける性質を持っていても排水管を通らなくなってしまうのです。

流す水の水圧が強ければ、勢いで流しきることも可能ですが、低水圧の状態ではさらに流れをせき止めてしまうことがあります。

トイレレバーの使用は適切に行いましょう

例えば「大」で流すべきところを「小」にすると、必要な水量と水圧が得られず、つまりやすくなります。

特に水量については、節水のためにトイレタンクにペットボトルを入れて水の量を抑えている家庭は要注意です。

そして、つまりの多くは便器の奥にある排水路の「S字トラップ」で起こります。

排水路は悪臭や虫の侵入防止として水を溜めておけるようにカーブした構造になっており、上下方向に湾曲しているため、流された異物やペーパーは下から上へと上がらなければなりません。

その際は勢いが必要になりますが、水量や水圧が足りないとうまく上がれずS字部分に溜まってしまい、排水管がつまるのです。

つまりは自分でも解消できる

トイレのつまりは軽度であれば自分で解消することができます。

つまっているのがトイレットペーパーの場合は、水があふれて止まらない状況でなければ、放置してしばらく様子を見てみましょう。

これは、水溶性であるペーパーが水に浸されることによって徐々に溶け出し、流れやすくなるためです。

また、ほかに水溶性の性質を利用するなら、ペーパーが水よりもふやけやすくなるお湯を少しずつ便器に流し入れるというやり方もあります。
あふれないようにゆっくりと行いましょう。

ラバーカップでつまり除去

そのほか、つまり解消用のグッズとして、ラバーカップやポンプ式のパイプクリーナーも有効です。
これらは水圧を利用するもので、使用には特別な技術はいりません。ホームセンターにあるため、準備しておくと良いでしょう。

困ったら業者に依頼しよう

自分で解消できないトイレつまりはプロの技術に頼りましょう。

自分でトイレのつまりを解消できるとはいえ、限度があります。

難しい作業もネットで紹介されていますが、プロ御用達のブラシを奥まで差し込んで処理したり便座を外したりと専門的な知識や技術が必要です。

場合によっては、便座や排水管の破損や故障の原因になりかねません。

自分で対処できるか早めに判断し、水道業者に依頼するようにしましょう。

とはいえ、トイレのつまりに対応できる業者はたくさんあり、どこに頼むか迷ってしまうものです。

探す際は以下のポイントに注意して選びましょう。

料金の事前確認を忘れずに

まず、料金です。一般的にトイレのつまりの解消にかかる料金はおよそ5000円~2万円が相場となっていますが、この範囲内で行ってくれる業者の中でも事前に見積もりを出してくれるところにしましょう。

最初に明確な金額を把握できていないと、もしも作業後に不明なオプションをつけられていたとしても気づけない可能性があるからです。

ホームページなどに記載されている料金が安くても、別途見積もり費や出張費が加算されて高額になることもあるため、確認しておく必要があります。

また、技術力も注目すべき点です。せっかく依頼するなら技術力が高い業者を選びたいものです。

口コミのほか、これまでの実績、創業年数、保有している資格が参考になりますので、チェックしてみましょう。

そのほかに、アフターフォローの有無も押さえておきたいポイントです。

修理が終わっても思うように改善されていないときに、アフターフォローがあれば相談しやすく安心できます。

電話で問い合わせ
050-2018-0667

つまったら慌てず騒がず対応しよう

トイレがつまったときは、まずは何がつまったのか、手が届く場所にあるのか、自分で対処できる状態なのかをよく見極めることが大切です。

そして、自分での処理に不安があったらすぐに水道業者を頼りましょう。

さらに、問題解決するまでの間にトイレを借りられる場所を確保することも忘れてはなりません。

子供はトイレを我慢できません

特に小さな子どもがいる家庭は、トイレが使えないと大変不便です。

コンビニや駅、深夜営業のガソリンスタンドなどは夜遅くにも利用できるところが多いので、自宅近くでリサーチしておくことをおすすめします。

トイレがつまったらどうしても焦ってしまいがちですが、解消への近道は決して慌てないことです。

いざというときにも落ち着いて対処できるように、自分でできる解消法や水道業者の情報などを事前に収集し、備えておくと良いでしょう。

トイレつまり24時間対応
サービス詳細