フロントガラス交換で使用する製品の種類

事故や飛び石などで傷やヒビがはいり交換の必要が生じた際に使用されるフロントガラスには、大きく分けて純正品、社外品、輸入品、中古品があります。

純正品

トヨタ、ホンダ、ニッサンなどの自動車メーカーが製造したフロントガラスで、メーカーが販売している新車と同じ部品です。

ガラスにTOYOTA、NISSAN、HONDAなどのメーカーロゴマークが刻印されています。主に国内で生産されていますが、海外に生産拠点がある場合もあります。

純正品に交換すると、新車購入時と同じ状態になりますが、価格はかなり高額になります。

メーカー標準小売価格が決められているので、店舗により価格の変動はなく安くはありません。

社外品

社外品には、国産社外品と海外社外品(輸入ガラス)があります。

国産社外品

旭硝子、日本板硝子などの国内ガラスメーカーが補修用として製造したフロントガラスです。

品質は純正品とほとんど変わりませんが、メーカーロゴは刻印されていません。

純正品より安くなりますが、ガラスメーカーの希望小売価格が決められています。

海外社外品ガラス(輸入ガラス)

中国などアジアの国々の海外ガラスメーカーが製造したフロントガラスです。

以前は、輸入ガラスの品質が問題にされていた時期もありましたが、近年は、格安で入手でき純正ガラスに近い品質を持つとして需要も増えてきています。

価格的には、純正ガラスの1/2~1/4の値段になります。

中古品

廃車となった車のフロントガラスを再利用した製品で、安価ですが在庫にむらがあり品質的にもばらつきがあります。

当店が提供するフロントガラス

当店で使用するフロントガラスは、新品輸入ガラスになります。もちろん車検にも通る【JIS規格に準拠】した安心できる製品です。

(フロントガラスにJISマークの刻印があります。)

当店では、全国におけるフロントガラスの交換実績も、年間1000件を超え、安くフロントガラスを交換したいお客様に好評です。

信頼のおける施工技術

車フロントガラス出張交換フロントガラス交換には、マルチ救急24が全国で業務提携する優良ガラス専門店の技術スタッフが出張交換に対応します。

フロントガラス交換は、交換部品の品質もさることながら施工技術も重視されます。

モールのカット、ガラス取り外し、残留接着剤の除去、接着剤のムラの無い塗布、適度の塗布量、短時間でのガラス装着など豊富な経験に裏打ちされた技術で対応します。

施工後の充実した保証制度

施工後の品質保証期間は、3年間の長期保証になります。

また、特別保証としてフロントガラス交換後に飛び石などのガラス品質以外で割れた割れた場合は、半額で交換致します。

フロントガラス交換施工後、3年間の長期保証で安心

自宅へ出張楽々フロントガラス交換

住宅ガラス 車フロントガラスの交換

車フロントガラス交換TOP

安くて手軽なフロントガラス交換出張サービスです。
サービスの詳細はフロントガラス交換トップからご参照頂けます。
受付センターも24時間稼働していますので、お客様のご都合の良い時間にお車の車検証をお手元にお電話ください。
お問合せだけでも大歓迎です。