感電事故や電気系統のショート等による車両火災についての国土交通省からの注意喚起

冠水時のバッテリーの取扱いに国土交通省より注意喚起が出ています

浸水・冠水被害を受けた車両のユーザーの方へ

水に浸った車両は、外観上問題がなさそうな状態でも、感電事故や、電気系統のショート等による車両火災が発生するおそれがありますので、以下のように対処して下さい。

1.自分でエンジンをかけない。
2.使用したい場合には、お買い求めの販売店もしくは、最寄りの整備工場にご相談下さい。特に、ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)は、高電圧のバッテリーを搭載していますので、むやみに触らないで下さい。
3.なお、使用するまでの間、発火するおそれがありますので、バッテリーのマイナス側のターミナルを外して下さい。

 
バッテリーマイナスターミナルを外す。
※外したターミナルがバッテリーと接触しないような措置(テープなどで覆う)をして下さい。
(注)JAF[一般社団法人日本自動車連盟]及びJAMA[一般社団法人日本自動車工業会]のHP において、同様の注意喚起がされておりますので、ご参照下さい。
・JAF のHP :  http://www.jaf.or.jp/profile/news/file/2010_45.htm
・JAMA のHP : http://www.anzen-unten.com/home/a1/b1/trouble003.html
          http://www.anzen-unten.com/home/carlife-all/carlife/index.html 

出典 国土交通省ホームページ http://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_fr09_000100.html

 

 

バッテリー出張交換サービスにも対応しています。

バッテリー上がり24時間対応詳細